覚えておこう!赤ちゃんのお祝い行事

行事

赤ちゃんが産まれると、
これからの赤ちゃんの健康や成長を願って、
様々なお祝い行事をします。

いつの時期にどのような行事があるのか、「よくわからない!」って方もたくさんいると思います。

奥さんから言われたときに「なにそれ?」なんてことにならないように、体験談も含めて説明していきます!

生後7日目:お七夜(おしちや)

赤ちゃんが産まれた翌日を1日目として数えて、7日目に当たる日に実施する行事がお七夜です。
産まれてきてくれたことに対する感謝や喜びを、親戚を招いた場でお祝いするのが一般的です。

また、ここで赤ちゃんの名前を披露する「命名式」を実施することも多いです。

生後1ヶ月目:お宮参り(おみやまいり)

お宮参りは、厳密には赤ちゃんが男の子なら、生後31日〜32日目に、
女の子なら生後32日〜33日目に参拝することとされています。

ただし必ずその日程を守らないといけないわけではありません。
赤ちゃんの体調はもちろん、自分たちの仕事の都合もあるので、1ヶ月検診が終わり外出が可能となってから実施するのが目安と考えておけばOKです!

ちなみにうちは増上寺でやりました。事前に予約が必要なので、もし気になっている方がいれば、以下も参考にしながら調べてみてくださいね。

お宮参りの服装は?

お宮参りでは、赤ちゃんにお祝い用の衣装である「祝着」(羽織着)を着させることが一般的です。
男の子には兜や鷹、龍などの勇ましい柄が描かれた祝着が選ばれることが多いです。
女の子には花や鞠が描かれた華やかな祝着が多いように感じられます。


最近では、ドレス仕立ての祝着などもあります。インスタでも、手作りのオシャレな祝着を販売している方が多くいらっしゃるので、調べてみるのもオススメです!

ちなみにうちは、桃太郎の祝着にしました!めちゃめちゃ可愛かったです。せっかくなのでカタチにとらわれずに、楽しみながら選んでみてください!

お宮参りはどこでやるの?

お宮参りは、赤ちゃんのこれからの健やかな成長を祈って、産土神(うぶすながみ:赤ちゃんの産まれた土地の神様)にあたる神社にお参りします。
ご両親の祖父母が付き添うことも多いみたいです。

どこの神社にお参りするかはもちろん自由ですが、赤ちゃんの体への負担も考え、移動時間や休憩場所(授乳室など)があるかどうかは事前に調べておくようにしましょう。

調べるときは↓のアプリが便利です。

生後100日目:お食い初め(おくいぞめ)

お食い初めは「将来食べ物に困らないように」「健康で病気なく育ちますように」という願いを込めて、生後100日目に実施する儀式です。
「百日祝(ももかいわい)」とも呼ばれています。

一般的には、お赤飯、お吸物(汁物)、尾頭付きの魚、煮物、を用意して、儀式をします。もちろん、この時期の赤ちゃんは、離乳食も始まっていないので、当然食べることはできません。
口元のそばまで近づけてあげて食べているマネをさせてあげます。

また「石のようにかたいものも食べられる、丈夫な歯になるように」という願いを込めて「歯固め石」というものを用意して、口元まで近づけてあげます。

せっかくのお祝い行事なので、ぼくたちはインターコンチネンタルでやってみました(結果めちゃめちゃよかった。)

↑雰囲気ぜひ味わってみてください!

生後6ヶ月目:ハーフバースデー

赤ちゃんが最初の誕生日を迎える、ちょうど半分となる生後半年ごろになったら「ハーフバースデー」を開いて、これまでの成長をお祝いします。
もともとは海外の習慣だったようですが、最近は日本でもこのお祝いを取り入れる家族が増えてきているようです。

また特に決まった進行や内容はありません。
赤ちゃんに可愛い服装をさせてあげて、一緒に記念写真を撮るなど
して家族水入らずの時間を過ごしましょう。

その他、男の子・女の子によって異なるお祝い

女の子の場合には、産まれてから初めて迎える3月3日に、「初節句(はつぜっく)」というお祝いをします。文字の通り、初めての節句ということで、雛人形を用意したりします。
ただし産まれたのが3月に近い場合には、翌年の3月3日にお祝いすることも多いようです。

男の子の場合には、産まれてから初めて迎える5月5日に、こちらも「初節句(はつぜっく)」というお祝いをします。鯉のぼりや五月人形などを用意して、お祝いの席を設けます。
こちらも、産まれたのが5月に近い場合には、翌年にお祝いをする場合もあります。

生後1年目:初誕生(はつたんじょう)

赤ちゃんが初めての誕生日を迎えるお祝いを、初誕生と呼びます。
「この先、一生食べ物に困らないように」「一生健康でいられるように」という願いを込めて、赤ちゃんに一升餅を背負わせます。

一升餅は、約2kgあります。
1歳のお子様にとっては、相当の重さです。
もちろん、立てない子や嫌がる子もいます。

ただ一升餅を持って立ち上がれたら、「身を立てる」
もしも転んでしまったり立てなかったとしても「厄落としができた」
というように立てるかどうかが大事なのではなく、どちらにしても喜ばしいこととなるようなので、考えすぎずに楽しめたらいいと思います。

※といいながらもお子様が怪我をしないよう、注意深く見守りましょう。

いかがでしたでしょうか。これ以外にも地域の風習などによって様々なお祝いがあることと思います。
その時点での成長に感謝し、これからの健康を願って、両親も赤ちゃんもみんなで楽しい時間を過ごしていきましょう。

コメント

  1. […] 外出時必須!授乳室検索アプリ! 覚えておこう!赤ちゃんのお祝い行事 […]

  2. […] 外出時必須!授乳室検索アプリ! 覚えておこう!赤ちゃんのお祝い行事 […]

タイトルとURLをコピーしました